‘お知らせ’ カテゴリー

7月25日と26日の2日間、54校523名の県内外の中学生と203名の引率・保護者の方々にご来校いただき、令和元年度の体験入学を行いました。

松岡教頭、筒井教頭から「秋田商業高校は県内唯一の単独商業高校であるため、普通科目以外に多くの商業科目を学ぶことができ、様々な資格も取得することができる。初めて学ぶ商業科目の学習に苦手意識を持つと3年間とても苦労することになるため、入学した際は一生懸命学習に励んでほしい。また、皆さんは高校を選択することができる立場にあるため、学校説明や体験授業、部活動見学で本校についての理解を深め、是非進学先の1つとして検討してほしい。」と挨拶がありました。

その後、生徒会の生徒たちが学校紹介やビジネス実践の説明、制服紹介を行い、藤原先生と米澤先生、小山先生と柏谷先生が商業科の体験授業をしました。1年生で学ぶ簿記と情報処理、そしてビジネス基礎の授業をクイズを交えて行うことで、中学生たちは楽しそうに笑顔で授業に臨んでいました。

 

 

 

 

 

また、保護者の方にも「商業科の授業内容が良くわかり、社会に出た際に役立つ知識や技術も多く学ぶことができるうえに、多くの資格を取得できるため是非入学して欲しい。多くの部活動を見学することができて良かった。」など、とても好印象を持っていただくことができました。

 

 

 

 

 

たくさんの方々に参加していただき、ありがとうございました。

7月22日(月)~24日(水)本校において、商業美術部絵画班の生徒たちが、秋田公立美術大学附属高等学院の澤田弦吾先生から100周年ロゴマークのデザイン制作について指導を受けました。

生徒たちは、意欲的に取り組み、キャッチフレーズの内容をロゴマークとしてデザインしていました。

本校は2020年に創立100周年を迎えます。1919年の創立以来、本校が今日まで存続して来られましたのは、皆様の温かいご支援とご理解の賜物と心より感謝申しあげます。
この度、本校生徒の100周年記念に向けた活動を紹介するサイトを立ち上げました。生徒たちの活躍をご覧いただき、皆様に少しでもご理解いただければ幸いです。

※ 下図の『秋田市立秋田商業高等学校 100周年記念事業活動サイト』のバナーが左側のメニューにあります。クリックすると生徒の活動状況をご覧になれます。

(2年安井優希さんの作品)

7月10日(水)から第101回全国高校野球選手権大会秋田県予選が始まりました。本校野球部の全国大会出場を願い、7月11日(木)の対横手城南高校戦を皮切りに全校応援を実施しました。


選手たちは、2回戦も全力プレーで臨みましたが、残念ながら第2シードの能代高校に敗れました。
この大会に際し、卒業生、関係者の皆様から多くのご声援をいただきました。ありがとうございました。

100周年記念のキャッチフレーズが決まりました。

【最優秀作品】【優秀作品】

・『プログラミング室コンピュータ等機器賃貸借』(終了しました。)

・『建築物等定期点検業務委託』(終了しました。)

詳細につきましては、左側のメニュー内にある『入札のお知らせ』をクリックしてください。

『中庭テニスコート(グリーンサンド)修繕に係る公募型指名競争入札参加者募集

詳細につきましては、左側のメニュー内にある『入札のお知らせ』をクリックしてください。

※ 終了しました。

本校サッカー部が全県総体決勝戦に進出しました。
そこで、令和元年6月3日(月)ソユースタジアム(秋田市八橋運動公園陸上競技場)において行われる対新屋高校戦に勝利を願い、全校応援を実施しました。生徒たちは、全力でサッカー部に声援を送っていました。

サッカー部も声援の期待に応え、見事2-1で勝利し、優勝を果たしてくれました。
生徒たちは、応援でチームを支えることができることを実感できたのではないかと思います。

全県総体壮行会

5月23日(水)6校時本校体育館で、全県総体壮行会が行われました。

この後の大会に臨む運動部と文化部が、力強い足取りで入場行進を行いました。

各部の主将、マスターより決意表明がなされ、「優勝」を目指すチームとしての覚悟が感じ取れました。

松岡教頭からは、「苦しくなったときは「秋商我と共にあり」という言葉を思い出して欲しい。全員で応援しています。」との激励の言葉をいただきました。

 

出場する部活動

軟式野球部・陸上競技部・サッカー部・男子卓球部・女子卓球部・男子剣道部・女子剣道部・男子柔道部・女子柔道部・水泳部・男子テニス部・女子テニス部・レスリング部・バスケットボール部・バレーボール部・フェンシング・珠算部・会計学部・コンピュータ部・ワープロ部

  

避難訓練

 5月17日(金)1学期中間考査の最終日に火災を想定した避難訓練を実施しました。1年生にとっては高校生として初めての考査であり、緊張感を持ったまま、避難経路の確認をした訓練でした。

 各クラスの室長が人員確認をし、学年主任へ報告、そして教頭、校長に報告があり、橘克明先生から訓練の詳細が報告され、最後に石井潔校長から講評をいただきました。


 避難が完了するまで、7分30秒かかりました。昨年より2分30秒縮まり、迅速に行動ができたと思います。避難訓練の4原則は何でしょうか?押さない、走らない、しゃべらない、戻らない。「お・は・し・も」です。
これを意識して、さらに、時間を縮める努力をしてください。


 今回の目的は、火災の想定と「避難経路の確認」です。1年生は、まだ校舎の中が十分把握できていないと思いますが、早く慣れるよう努力してください。また、避難場所はサッカー場ですが、津波が想定される場合は高台の公式野球場、また、火事の火元や風の状況によっては、避難場所の指示が変わる可能性がありますので、避難を指示する先生方の話をよく聞くようにしてください。
 ここ数年で、北海道の地震、九州での地震、豪雨による水害等、全国各地で災害が続いています。災害はいつ起こるかわかりません。万が一、災害が起きたときは、できるだけ早く安全な場所に避難することが大事です。そのための備えが、「避難訓練」であります。次回は10月に行います。地震を想定した訓練です。災害を意識して訓練に臨みましょう。