4月6日(金)240名の新入生を迎え、平成30年度入学式を挙行しました。 入学式は、少し緊張した顔つきの1年生を、3年生の室長・副室長が先導する形での入場で始まります。

 担任の先生から一人一人名前を呼ばれて返事をした後、石井校長より入学を許可されました。

石井校長は式辞で、「みなさんは、本校の長い歴史の中で創立100周年記念行事を最上級生で迎えるという使命があります。これを自覚し、本校の教育活動に積極的に意欲を持って日々励んでもらいたい」と述べました。

また、充実した学校生活を送るための願いを2つ話されました。

一つ目は「夢を持つこと、夢に向かって挑戦すること」

吉田松陰の「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし、故に夢なき者に成功なし」という言葉を用い、高校3年間の中で夢に向かって何度でも諦めずに挑戦し努力し続けてほしい。夢は人間に大きな力を与え、成功に導きます。

二つ目は「挨拶を軽視しない人になってほしい」

挨拶はお互いの存在を認め合うという事。 挨拶をしないということは相手の存在を認めないということであり、争いや災いが起こります。笑顔で挨拶のできる人を目指してください。

新入生を代表し山王中学校出身の小熊麻愛さんは

「他校では体験できない特色あるビジネス実践活動への期待と喜び」 と「目標の達成に向けた文武両道」を誓いの言葉として述べました。

◇4月5日、本校第22代校長として石井 潔校長の着任式が行われました。

◇その後、15名の教職員の方々をお迎えし、新任式を行いました。
それぞれ先生方からは本校に勤務する喜びとともに、生徒と一緒に歩んでいきたいというあたたかい希望の言葉が述べられました。

石井校長は、次のようなことを話されました。

・新しい年度を迎え、皆さんには新しい出会いが待っています。新しい人との出会いは自分の知らない自分を知り、自分の可能性を広げるチャンスです。どうかこのチャンスを大切にしてください。

・先人の教えに「今日という日は残りの人生の新たなスタートである」という言葉があります。昨日と今日、今日と明日を同じ思いで過ごしてはならない。ということでしょうか。そして本年度も一日一日を大切にして、素晴らしい成果を得られるよう期待しています。また、明日の入学式では240名の新入生が期待と不安を胸に入学してきます。上級生としての思いやりとともに、秋商生としてともに学び合う仲間として、温かく迎えてほしいと思います。

・さて、1学期の始業式に当たり2,3年生の皆さんに期待することを二つお話しします。一つ目は「新たなことにチャレンジし、自分の可能性を広げてほしい」ということです。今日の魁スポーツに大きく掲載されていましたが、本校のサッカー部がプリンスリーグに参戦します。今のサッカー部として、新たなチャレンジです。これを好機と考え自分たちの可能性を広げてください。何事も前に進んでいかなければ道は開けません。思いとどまらず、失敗を恐れず、皆さんも新たなことにチャレンジしてください。失敗は成功の元といいますが、チャレンジしないと失敗しません。すなわち成功しません。部活動、資格取得、地域のボランティア活動など一つでも結構です。新たなことにチャレンジし、目標を立て、こつこつと努力を積み重ねてください。自分の可能性を広げることは、自信に繋がり、将来の自分の強みになっていきます。是非がんばってもらいたいと思います。

・二つ目は「自分と同じように他人を大切にしてほしい」ということです。いわゆる思いやりの気持ちを持ってほしいということです。皆さんはこの学校を卒業すると、進学、あるいは就職し、社会に出て、それぞれの仕事について、いろいろな人と関わりながら働くことになります。よい仕事をするには、それらの人たちの良好な人間関係が鍵を握ります。良好な人間関係を保つためには自分も大切であり、相手も大切であると思うことです。皆さん、周囲の仲間を見てください。今見た人の良いところをすべて言えるでしょうか。今年1年の学校生活を通して、仲間の良いところを見つけ認め合いましょう。この考え方が身につくと、人に対する寛容な心が生まれ、自分のわがままな感情をコントロールする気持ちが育ち、良い仕事ができるようになります。実践してみてください。

・この1年、充実した毎日となるように、チャレンジ精神を持って、人間関係を大切にし、自分の進路実現に向けて具体的な一歩を踏み出すことができるよう努めましょう。今年の皆さんの活躍、そして秋商の活躍を大いに期待しています。

◇始業式終了後、春休みに行われた全国選抜大会の大会報告が行われました。報告したのはレスリング部、男女卓球部、、女子柔道部、男女剣道部でした。