7月26日と27日の2日間、53校448名の県内外の中学生と169名の引率・保護者の方々を招き、平成30年度の体験入学を行いました。

 開会行事では教頭から「秋田商業高校は商業科の学びを通して多くの資格を取得できるだけでなく、ビジネス実践を通して社会人基礎力を身につけることができる。また、10人に1人以上の生徒が全国大会に出場する部活動の盛んな高校である。皆さんが入学し、2年生の時には創立100周年を迎えるため、様々な行事に積極的に取り組んでもらうことになる。今日は、秋田商業高校を少しでも理解し、体験していってほしい。」と挨拶がありました。

 その後、生徒会の生徒たちが学校紹介や制服紹介を行い、商業科教員の柏谷先生と石﨑先生による体験授業が行われました。1年生で学ぶ簿記と情報処理、そしてビジネス基礎の授業をクイズも交えて行うことで、中学生たちは楽しそうに笑顔で授業に臨んでいました。

 また、保護者・引率の方にも「商業科の授業内容が良くわかり、社会人になってすぐ役立つ知識や技術も多く学ぶことができるため、ぜひ入学してほしい。多くの部活動を見学することができて良かった。」など、とても好印象を持っていただくことができました。

たくさんの方々に参加していただき、ありがとうございました。

◆終業式に先立ち、今学期に受賞した各部の賞状伝達を行いました。

◆7月20日(金)に1学期の終業式を行い、石井潔校長は式辞で次のことを話されました。
4月から1学期の間、「自分の可能性を広げるため、挑戦(チャレンジ)すること」を皆さんに話し続けてきましたが、振り返ってみてどうでしたか。
私から見た1学期は、部活動での活躍が大変素晴らしかったと思います。厳しい戦いの中でも、ここ一番で勝ちきる姿は、自分の可能性に挑戦している姿であり、それに打ち勝ったことは、大きな成長であり、そして頼もしくもありました。
学習面では10月20日に発表するビジネス実践に向けて、2・3年生が一緒になって、新しいことをクリエイトしようとする姿、1年生は、ビジネス基礎をしっかりと学習し、キッズビジネスタウンで活躍し先輩に続いて欲しいと期待しています。
1学期を通し、本校にも勢いがついてきました。この勢いをもって、3年生は、進路達成に全力を注ぎましょう。そして、1・2年生は先輩達を目標に、「勉強と部活動」を一生懸命頑張りましょう。また、インターハイ・全国に出場するチームは、秋田県の、そして、本校の代表として、全国で自分達の限界に挑戦してください。
皆さん一人一人が、「チーム秋商」として、互いに励まし合いながら、「一致団結」し、夏休み、2学期、そして3学期を乗り越えていきましょう。

 7月5日(木)に本校体育館で、各種全国大会と全国予選大会に出場する選手・生徒の壮行会を行いました。

 運動部、文化部の生徒が堂々と行進しました。
 各部のキャプテンとマスターは、「優勝」「ベスト4」「ベスト8」入りなど具体的な
目標を表明し、「練習の成果をしっかり出し切る。」「今まで支えてくれた指導者・保護者・OBへの感謝の気持ち大切にして、1戦1戦全力で戦う。」
 などと力強い言葉で気持ちを伝えてくれました。

石井校長と生徒会副会長の石川真帆さんも選手へ健闘を祈るメッセージを送り、激励しました。