◆終業式に先立ち、全国選抜大会に参加するレスリング部、男女卓球部、男女剣道部の壮行会を行いました。生徒会長からの激励の言葉に後、校長から「全国大会は1試合目が勝負です。出場する選手は本気で試合に向かってほしい。」と激励の言葉を伝えた。

◆続いて、今学期に受賞した各部の賞状伝達を行いました。代表受賞者は剣道部2年 三浦 悠人君です。

◆諸行事終了後、3学期の修了式を行い、石井潔校長は式辞で次のことを話されました。


1,2年生に皆さんが大きな事故もなく1年間過ごせたことをうれしく思っています。また卒業した3年生とともに色々なことにチャレンジし、たくさんの成果を挙げてくれたことを学校として感謝します。
さて、3学期の始業式では3学期は今年のまとめと次年度の準備の学期である。そしてそれぞれ学年が上がることに自覚を持って行動して欲しい。と2点について話しました。皆さんはどんな学期であったでしょうか。学年末考査では自分なりに精一杯勉強を頑張り、納得のいく結果を出すことができたでしょうか。生徒会活動では来年度自分たちの代では何を頑張るか共通の目標を定めることができたでしょうか。また部活動では来シーズンに向けて苦しいシーズンオフをみんなで一つになって乗り越えることができたでしょうか。
2年生は担任の先生との面談で自分の進むべき道を明確にできたでしょうか。1年生はコース選択がスムーズに行えたでしょうか。大丈夫だ。準備は万端である。という人は3学期良い時間を過ごしました。その調子で来年度はあれこれ悩まず自分が今やらなければならないことに一つ一つ集中して、チャレンジして下さい。また、余りうまくいかなかったなと思う人は,自分に何が足りないのかもう1度振り返ってみて、原因と改善点を明確にし、解決できるよう目標を立て失敗を恐れずチャレンジし続けて下さい。
ところで2年生の皆さんの中に、春休みに自分が進みたい企業にインターンシップを計画している人がいます。積極的で素晴らしいと思いました。進路で悩んでいる人は進路の担当の先生や、担任の先生に自分から積極的にたくさんの情報を集め、両親・担任と一緒に十分に話し合い、じっくり考えて、進むべき道を決めて下さい。進むべき進路に早く舵を取った人が進路を勝ち取れます。悩む前に行動することが大切です。
いよいよ2年生は4月から最終学年となり、学校の顔になります。私は2年生の良いところはエネルギッシュであり、パワーがあることだと思います。この良さは集団としてまとまって一つの方向に向かうと凄い力を発揮します。来年度は創立100周年の前年度ということで、本校にとって準備を万端に整える大切な年です。そんな年に皆さんは最終学年となるわけです。期待を寄せられる学年でもあります。皆さんの良さを最大限発揮して、学校を盛り上げ、来たるべき100周年に向けて最高の準備を整えていきましょう。そして100周年の最終学年となる1年生にバトンタッチしていきましょう。
1年生は先輩たちとともに行動し、多くのことを学び,着実に実力をつけ、来年度入学してくる新入生の良き先輩になれるよう頑張って欲しいと思います。
春休みは来年度に向けた心の準備期間です。この春休みを有意義に過ごし、運動部の皆さんは来シーズンの良いスタートを切り、全員が新たな気持ちと希望を持って新学期には元気な姿で登校して欲しいと思います。


◆修了式後、校長室にて全国選抜出場チームに雄水会より激励金が授与されました。

贈呈式

 3月19日(火)に本校校長室において、平成30年度AKISHOPの売上の一部50万円を100周年記念事業に寄付しました。贈呈式では、生徒会長松野真士君が石井潔校長に目録を手渡しました。
松野生徒会長は「2020年に行われる創立100周年記念事業に役立てて欲しい」と話し、石井校長は「招待試合や講演会などに有効活用したい」と答えました。生徒会では、来年度のAKISHOPの売上も100周年記念事業に寄付することにしています。

心肺蘇生法

 3月8日、11日、14日の3日間にわたって、秋田市消防本部の消防士から本校1年生全員が応急処置、心肺蘇生法、AEDなど「普通救命講習」を受講しました。

卒業式

 3月3日(土)午前10時から本校体育館で、秋田市長 穂積 志様はじめ、多数の来賓をお迎えして平成30年度 第70回 卒業証書授与式が行われ、236名の卒業生を送り出しました。担任から一人一人呼名され、それに応えて元気に返事をした後、クラス代表6名が石井潔校長から卒業証書を授与されました。

【式辞】
石井 潔 校長は、
「いよいよみなさんとお別れするときがきました。みなさんが本校を去ることに私は大きな寂しさを感じます。しかしながら別れは新たな旅立ちです。みなさんがこれからの人生を歩む上で是非大切にして欲しい願いを私からのはなむけの言葉として贈ります。


それは本校の校訓を示す『感謝 勤勉 鍛錬』の三つの教えを各人の生き方の柱としてほしいということです。一つ目の『感謝』は、人に支えられ、恩を受けて成長していることに感謝を持ちなさいということです。恩を受けることを当然のこと権利だと勘違いしては人の道を外れますよという戒めでもあります。二つ目の『勤勉』は、何事もまごころの心を持って学ぶ姿勢を持ち続け、今自分の尽くすべき役目を全うしなさいということです。これは商業教育を学び、ビジネスの世界で活躍するであろうみなさんに対し、常にお客様の立場に立って接し学ぶ姿勢を怠らず自分の仕事を全うしてほしいという願いも込められていると私は考えます。三つ目の『鍛錬』は、体育を重んじ心身を鍛練しなさいということです。ここでいう体育はスポーツを指しています。みなさんには、スポーツ以外でも、卒業後も仕事以外で何か打ち込めることを見つけ、仲間との交流を通して、自分を磨き続けてほしいと思います。この三つの教えは、卒業後も秋商生にはこのように生きてほしいという願いが込められ、予測が困難なこれからの社会に通用する教えであります。どうか校訓を心に留め、生き方のヒントとしてそれぞれの進む道に向かって大いに活躍してほしいと願っています。」とお話されました。

【送辞】
生徒会長 松野真士 君は、
「98年目の新たな歴史を築き上げてきた3年生の皆様の後ろ姿はとてもたくましく、私たちの憧れです。高校生活の中で様々な壁にぶつかっても諦めず、その壁を乗り越えるために頑張る姿は、今も強く印象に残っています。私たち在校生は先輩たちの姿を真似ながら100年という重みのある歴史を築く担い手として、日々の学習に部活動に取り組んでいきたいと思います」と話しました。


【答辞】
前生徒会長 戸沢大紀 君は、
「多くの仲間と出会い、人として大きく成長することができました。数え切れないほどの思い出を共有できる仲間と出会えたことを、私は誇りに思います。みんなと出会えることができて本当によかったです。私たちはこれからそれぞれの道で、新たな道を歩んでいきます。そしてどんな困難なことがあっても下を向かず前を向いて成長していきます」と決意を述べました。

最後に全校で歌った校歌で、 卒業生は「心の故郷、秋商」を実感し、巣立っていきました。

表彰式

 平成31年3月1日(金)午後1時から本校体育館で、秋田商工会議所副会頭 佐藤裕之様、秋田県産業教育振興会会長 有田正司様、雄水会会長、鈴木茂夫様はじめ、多数の来賓をお迎えして平成30年度 表彰式が行われました。
 3年間を通じて学業優秀者賞、3年間無遅刻・無欠席の皆勤賞、商業科の各種資格取得に励んだ生徒たちと、全国大会で活躍した部活動の選手たちを表彰しました。

(学校長賞)(学校長賞) (学業賞) (皆勤賞)(全商成績優秀者) (全商三種目以上1級合格)(県商研資格取得等会長賞)(高体連賞)(産業教育振興中央会会長賞)(秋田県産業教育振興会会長賞)

(秋田商工会議所会頭賞)(秋商雄水会会長賞)