‘H26年度ビジネス実践’ カテゴリー

2月5日、17歳の6次産業化プロジェクトの商品発表会が秋田キャッスルホテル行われました。

6次

参加した家庭部の6次産業化班14人は、5月から秋田工業高校、金足農業高校の生徒たちと一緒に食材の研究、ほ場の見学、調理実習などを行ってきました。
その後、コンビニエンスストアとパン製造業の方々に手伝ってもらいながら五つの商品を開発しました。

①わっしゅー(米粉を使ったシュークリーム)
②ぷるふわジェレ(リンゴとトマトの入ったゼリー)
③グラパン(マカロニ、ベーコン、かぼちゃ、枝豆が入ったパン)
④えだムース(枝豆ムースの上にかぼちゃと白玉がのったデザート)
⑤15時のしあわせロール(枝豆とかぼちゃを使ったロールケーキ)

DSC01969

今までの活動を報告し、穂積市長をはじめとする市役所職員と協力事業者、報道の方々に試食していただきました。

それぞれの商品は、高校生らしいアイディアがあふれており、秋田市産のトマトや枝豆などが色鮮やかで大変好評でした。

これらの商品の販売は、食材の収穫時期に合わせ、平成27年11月頃に県内のコンビニ等で発売予定です。

お楽しみに!

DSC01948DSC01934

11月13日にビジネス実践の報告会を実施しました。
5月から活動を始め、先日AKISHOPとキッズビジネスタウンという大きなイベントを終えました。

DSC01404

 

 

 

 

今日は各教室や講堂を使い、それぞれの班の生徒たちが、活動内容をポスターにしました。
自分たちが何を課題とし、
何をどのように考え活動したか。
またその結果、どのような成果が得られたかなどを報告しました。

DSC01410DSC01432

 

 

 

 

[報告概要]
6次産業化班:
 現在開発中の商品の特徴をおいしそうに報告。
惣菜③班:
 スパイシーズという大人向けのパンを開発したが、辛さをアピールしすぎたと反省。
フードギフト②班:
 秋商クッキーなど4つの商品を開発し、商品それぞれの売価を調整して班全体で利益が上がるように考えた。
ナッキー班:
 仲小路のキャラクターのナッキーをモチーフに、ナッキードリアを開発し、表情にこだわったなど。
セールスプランニング班:
 市民市場の常設店を目指し、これからの販売計画も含めて活動報告。

DSC01445DSC01454

 

 

 

 

報告を聞いた生徒たちからは、
どのようにして売価を決めたのか?
販売方法の工夫はどんなことか?
など、来年につながる質問が出ていました。

DSC01464今日で今年度のビジネス実践の活動が終わります。来年度は今年度の反省を活かしてもっと良いものにしていきたいと思います。
多くの企業の方々、地域の方々の協力で実りの多いビジネス実践になりました。
本当にありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。

11月7~8日に、岡山市(会場は岡山大学)で開催されたユネスコスクール世界大会兼第6回ユネスコスクール全国大会で、エコロジカルビジネス班で行っている活動を大堤直人先生が中心となり発表をしてきました。

DSC00423DSC00430

 

 

 

 

ユネスコスクールの全国大会は、国連持続可能な開発のための教育(ESD)が始まって10年の節目となるもので、2,000名を越える参加者が集まり、各校の実践が分科会やポスターセッションの形式で行われました。

DSC00434

 

 

 

 

分科会の90分間で行った、本校の地域の企業やNPO法人などとの連携、エコロジカル(生態系保全)とビジネスを両立を考えた取組、5冊の本の出版などの活動報告は、他校の先生たちからの質問も多く、関心の高さが伺えました。

DSC00437

平成25年度に17歳の6次産業化プロジェクトとして秋田市内3校(秋田工業高校・金足農業高校・秋田商業高校)の生徒たちが考えた商品を11月4日から各コンビニやスーパーで発売しています。
平成24年度から始まった、このプロジェクト第二弾の商品です。
本校は、家庭部の2年生11名が参加し、10月31日には商品の発売に先だって秋田市役所で記者発表を行いました。

DSC01361DSC01372

 

 

 

 

 

商品は、次の5種類です。
 1 りんちゃんケーキ
 (カボチャを練り込んだ米粉生地に、リンゴの果肉入りクリームの入ったカップケーキ)
 2 おにぎり三昧
 (秋田産の枝豆とトマト、そして比内地鶏りのスープを使った3つのおにぎりセット)
 3 あきたっぷる
 (秋田産角切りリンゴ入りのクリームを練り込んだふんわりしたパン)
 4 野菜さんのホワイトソース生パスタ
 (ホウレンソウ・カボチャ・トマトを練り込んだ色鮮やかなパスタ)
 5 家族deマフィン
 (米粉の生地に枝豆、カボチャ、リンゴを練り込んだ見た目も楽しいマフィン)

711711-2

 

 

 

 

 

11月4日は各店舗の販売イベントを行い、自分たちの考えた商品を元気よくアピールしました。好調な売れ行きに、生徒たちも笑顔でお客さんに声をかけていました。
商品の販売期間は2~4週間程度です。
高校生の若い力で、秋田市の6次産業化が進展していくことを願っています。

10月24~25日にかけて、AKISHOPとキッズビジネスタウンのイベントを開催しました。

キッズビジネスタウンの24日には、出戸小学校と勝平小学校の6年生(約190名)を本校に招待し、高校生と小学生がみなで働き、遊ぶことで、ともに協力しながら街を運営し、社会の仕組みを学びました。25日には、事前に参加申し込みのあった240名の小学生たちが訪れました。

kids_cureekids04

 

 

 

 

 

高校生の2・3年生は店長となり、1年生と小学生はその店舗の従業員となります。高校生たちは小学生に仕事の手順を丁寧に教え、ともに接客をしたり清掃や銀行、警察などの仕事をしました。

小学生たちは、仕事を終えると店長から働きを評価され給料の支払い証明をもらいます。給料は銀行で換金し、隣にある税務署で税金を納めて、残ったお金で買い物をします。自分の財布にいくらあるのかを確認しながら、買い物を楽しんでいるようでした。

kids_yakikids02

 

 

 

 

AKISHOP(エコロジカルビジネスも同時に開催)は、秋田市民市場と仲小路の大屋根下、なかいちプラザで販売イベントをしました。
天候に恵まれ、ハロウィンのパレードや国文祭で訪れた人たちで会場はあふれかえっていました。

akishop05akishop04

 

 

 

 

自分たちがアイディアを出し、秋田市内の菓子店などに協力して作成していただいたお菓子や惣菜を声を張り上げ、精一杯自分たちの良さをアピールしていました。あまりの元気の良さに周りのお店の方々にご迷惑をおかける場面がありました。申し訳ありません。

例年3,000個ほどの商品を販売しているのですが、今年は6,000を越える商品数でした。売れ残りを心配していたのですが、市民市場やOBの方々のおかげもありほとんどの商品を売ることができました。
「秋田商業の生徒の考えた商品だと買わなきゃいけないなぁー」
「毎年楽しみにしているよ」などと笑いながら声をかけていただいたことなどは、生徒の心に響く言葉となりました。

akishop06

 

 

 

 

本当に大変お世話になりました。
このビジネス実践で経験したことを心に留め、感謝の気持ちを新たにして、これからの商業の学習に活かしていきたいと思います。

 

いよいよ10月24日(金)~25日(土)に本校を会場にして、キッズビジネスタウンを開催します。
また、10月25日(土)は秋田市民市場と仲小路の大屋根下・なかいちプラザを会場にしてAKISHOPを開催します。

キッズビジネスタウンは、申し込みいただいた方全員が参加決定となりましたので、先週金曜日に資料を郵送(及びメール)させていただきました。
まだ、到着していない場合は、本校までお問い合わせください。

kids

 

 

 

 

 

AKISHOPは、生徒たちが企業の方々の協力のもと自分たちのアイディアを商品化した高校生らしい商品をたくさんそろえております。是非、生徒たちの努力の結晶を見に来ていただければと思います。
ご来店お待ちしています。

チラシ表

10月4~5日の二日間、秋田駅前アゴラ広場(食のフェステバル)と湯沢市柳町商店街(うどんExpo)においてAKISHOPで開発している商品の先行販売を行いました。

アゴラ1アゴラ2

 

 

 

 

この先行販売は、開発中の商品の売れ行きや顧客の反応などを確かめるものです。この結果をもとに販売数量を確定したり、PRの方法を考えたりしながら10月25日(土)のAKISHOP本番を迎えたいと考えています。

うどん1うどん2

 

 

 

 

今週末から始まる2学期中間テストを経て、いよいよ開店まで3週間です。

 

本校と同様にユネスコスクールに加盟している大曲南中学校の2年生が来校し、下記のように、秋田県の「環境の達人」講座を一緒に受講しました。

10月2日(木)13時50分~15時30分
講師:佐藤英明氏
(秋田市地球温暖化防止活動推進員、IPCCリポートコミュニケーター)
対象:本校エコロジカルビジネス班18名、大曲南中学校2年生29名

1030_eco021003_eco01

 

 

前半は、「IPCC第5次評価報告書」の内容にもとづき、気候変動の最新情報を分かりやすく解説していただきました。

後半は、高校生と中学生がまざったグループワークを行いました。前半で学んだことをふまえて、「目指す未来」、「自分ができること」について考えをまとめる作業を行いました。

このグループワークでは、高校生がリーダーになってグループ内の話し合いを進行させました。最後に、成果物を壁や窓に張り出して、共有を行いました。

006014

今年度のキッズビジネスタウンの求人票を以下の通りアップしました。
なお、参加通知の文書またはメールは10月10日頃までには発送いたします。文書が届いていない場合は、ご連絡ください。なお、メールで発送したものが届かない場合は、迷惑メールブロック等も考えられますので、お手数ですがご連絡をお願いします。

公共機関 飲食店 小売店
キッズタウンオフィス(正木央) ラーメンキッチン(堀裕奈) クレープ屋(三浦幸亮) 占いの館 小林瑞季 花屋(原田未来)
ハローワーク(齋藤 卓人) ラーメンホール(仙花一輝) お好み焼き(相原和幸) 空港(金子愛華) 文房具、駄菓子屋(堀井 架)
キッズバンク(諏訪諒) そば屋  調理(金田和磨) たこ焼きや(石山明敬) テレビ局(高橋 拓也) 製造業
あきた税務署 (保田駿) そば屋 ホール(竹内大喜)  抹茶屋(秋本葉月) ラジオ局(今野恭輔) はんこ工房(小柳寛人)
警察署(加藤武) モロヘイヤ麺(斉藤 優) ババヘラ(三浦大輔) 車屋(須田宥弥) アクセサリーショップ(嵯峨しほり)
消防署(石塚陸) ザ・カリー(安田拓海) アイス屋(今野諭) ネイルサロン(三浦美奈) アロマ工房(永井穂乃華)
病院(石川泰寬) カフェ&ベーカリー(高橋玲奈) 宅配センター(三浦圭斗) 手芸工房 (松岡千香子)
クリーンアップ協会(桜庭和久) レストラン(ホール)(武石 元気) 木工工房(鎌田優太)
リサイクルアート工房(鎌田俊皓)

9月4日(木)は、2学期初の総合的な学習の時間です。
AKISHOPの各班では、夏休み中に各企業に依頼していた試作品がたくさん届きました。
菓子班とフードギフト班、ハロウィン班の生徒たちは、自分たちの企画した商品のイメージと合っているかや、味はどのような具合なのかなどの確認をしました。

DSC00640DSC09598

 

 

 

 

 

ほとんどの班が、想像していた以上のできばえやおいしさに思わず喜びの声もあがります。この後は、商品一つ一つについて、意見や感想を書いて企業に伝えて改善をしていく段階に入ります。

ナッキーナッキードリアhosaSONY DSC

 

 

 

 

 

しかし、問題点もあります。
依頼していたはずの試作品が届かない。
これは夏休み中に自分たちの考えや試作品の配達日を正確に企業に伝えていないことが原因です。
自分たちの意思を正確に伝えるためにはどのような手段を取ればいいのかを話し合い、口頭で伝えるだけでなく、一目でわかるような形式の文書でも伝えるようにすることを決めました。

問題や課題が出てくれば、その都度、各班の担当者とAKISHOP本部のマネージャーが話し合い解決策を見つけ出しています。みんなで知恵をしぼり合い、一つのゴールに向かって取り組む姿勢のあることがAKISHOPの良さの一つです。