12月19日に、アメリカ生まれ秋田市新屋松美ガ丘育ちのシンガーソングライターのJoelle(ジョエル)さんと、本校高49期卒のアコースティックギタリストの本間貴士さんによるジョイントコンサートを、3年に1度開催の芸術鑑賞会として実施いたしました。

 前半は、プロミュージシャンの美しく伸びのある歌声と、素晴らしいギターの音色に引き込まれて、大人しく聴き入っていた生徒達でしたが、次第に手拍子やクラスごとにウェーブを行ったり、知っている曲を一緒に歌うなど、大変盛り上がり、楽しいコンサートになりました。

 また、Joelleさんは歌の合間のMCで、「人は日々色々なことを抱えて生きている。歌や音楽は、人の何かに役に立つことがある。私は今、人の喜びが自分の喜びであると感じ歌を歌っている。いずれ高校を卒業して社会に出るみなさんも、人の何かに役に立つことを見つけてくれたらうれしい。」と話していました。

 最後は生徒会長の曽我君がお礼の言葉を述べ、生徒会役員が生徒を代表し、感謝の花束をお渡ししました。