◇3月23日(金)に、今年度、人事異動等により転出される12名の先生方の離任式を行いました。

(今年度転出者)

  泉  広宣 先生(大曲高校)

  村上  健 先生(西目高校)

  大堤 直人 先生(五城目高校)

  千田 義人 先生(男鹿工業高校)

  池田 孝幸 先生(秋田高校)

  山本 正敏 先生(秋田工業高校)

  舟木 志保 先生(秋田中央高校)

  髙橋 賢右 先生(角館高校定時制)

  樋泉  淳 先生(秋田西高校、金足農業高校)

  高橋 伴和 先生(平成高校、西仙北高校)

  石川厚一郎 先生

  中村 明美 先生(金足農業高校)

  石井 隆幸 主席主査(秋田市教育委員会)

 校長が転出される先生方を紹介した後、一人ずつ話をしていただきました。

泉 広宣先生は、「秋商は夢を叶えられる素晴らしい学校です。あなた方は今何をすべきかを考えて、行動できるような人になって欲しいと思います。」と激励してくれました。

 式後、2年生女子生徒は、『緊張感と使命感を改めて味わった』と、今後の頑張りと先生方への感謝の気持ちを話してくれました。

◇離任式後、今年度で退職される佐藤武校長の退任式が行われました。加藤教頭が校長の紹介を行い、校長は挨拶のなかで次のことを話されました。

・本校に赴任して2年、驚いたことは部活動の生徒は全県で勝ち上がるのは当たり前で、目標は東北大会で勝利すること、そして全国大会で活躍することでした。校長室にある優勝旗の多さを日々実感、感動しておりました。今後も引き続き優勝旗を本校に持ってきて欲しいと思います。

 この2年間、OB会である「雄水会」の各支部の総会に参加し、多くの先輩方と話をさせていただきました。高校を卒業して何年たっても母校に対する思いがあり、後輩たちの活躍を期待する声を多く聞くことができました。皆さんには秋商出身であることを誇りに思って欲しいと思います。

 皆さんはこの秋商がこの先ずっと続くと思いますか?県内の高校では統廃合や学級減などが行われています。将来本校がなくなる可能性もあるということです。しかし、皆さんの活躍や頑張りがあればそれを跳ね返すことができると思います。母校が永遠に続くために、皆さんの頑張りとそれを後輩に伝えていく義務があると思います。2年後の2020年には創立100周年です。皆さんはこの4月に入学する後輩に、「心の故郷秋商」を伝えていって欲しいと思います。