学校長あいさつ

ようこそ、心の故郷秋商ホームページへ

 第一次世界大戦による大正バブル期にともなう大正デモクラシーのさなか、設立機運が高まり、秋田市政30周年記念事業として大正9年(1920年)に設立された本校は、令和2年(2020年)に創立100周年を迎える秋田県唯一の単独商業高校です。
 また、商業高校に対する社会の要請には、その都度、柔軟なコース制で対応してきました。小規模な学科制にとらわれずに、学校として組織的に特色を十分に発揮できる大学科商業科のみ1学年6クラス規模を維持している全国的にも希有な商業高校です。
 
 その特色として、商業教育の面では平成14年度(2002年)から地域と連携して実施しているAkishopがあります。この活動は生徒の使命感や志を育みつつ、社会貢献の意味を深く学んでいます。さらに、各種の資格取得、競技大会等においては、全国の伝統校と競いあうことによって自ら学び、自らを振り返り、より深い学びの気付きとなって現れています。
 そして、部活動を含む特別活動面では、春夏の甲子園における硬式野球部の活躍、インターハイ等でのレスリング部等の上位進出、サッカー部における全国選手権での泥臭くとも人々を感動させる美しさを持った戦いは、多くの方々に感動と勇気を与えています。

 このように秋商生は、文武両道にわたり全力を出し切った者だけが感じ、見ることができる風景を求め、勤勉に鍛錬を続け、多くの方々に感謝する心を育んでいます。
 
 さて、本校の歴史を振り返れば、創立前年まで世界中を震撼させた「スペイン風邪」、創立後は、第一次大戦後の「金融恐慌」あるいは「関東大震災」という未曾有の混乱期を経て、昭和5年(1930年)に10周年を迎えました。その後も第二次世界大戦への突入、戦後の混乱期、高度経済成長期、IT革命、平成バブル崩壊をくぐり抜けます。
 そして創立100周年を迎える令和2年(2020年)は、新型コロナウィルス感染防止による非常事態宣言にともなう臨時休校など、新たな試練を課せられ、各種の100周年記念事業を延期予定となりました。

 しかし、我ら秋商は創立以前から今日まで、設置者である秋田市並びに本校同窓会である「雄水会」、恩師、さらには地域の皆様の熱いご支援により、幾多の困難を乗り越え、人々に感動を与えてきました。
 この不屈の魂こそが「秋商我と共にあり」「師弟同行」の原点であります。そして、「心の故郷秋商」に凝縮された人間の品格と、忍耐力を兼ね備えた質実剛健で麗しい校風となって「秋商一家」として引き継がれた伝統であります。
 
 このホームページをご覧になっている
  ・進路学習の一環として見ている中学生の皆さんは、主体的に自身を成長させることが出来る最適な学習の場で
   あると感じてください。

  ・保護者の皆さんは、本校の教育活動にご理解をいただき、教職員と共に生徒たちが美しき品格を身に付けるよ
   う教え
育てることにご協力をお願いします。
  ・雄水会、諸先輩、旧教職員、秋商関係者の皆さん、これまで以上にご支援をお願いします。

                          記憶は あの校舎
                          思い出は この校歌の中
                          青春はいつも あの頃
                          そして、皆で歌おう 心の故郷秋商を 

                   令和2年4月27日        
               第23代校長 山 脇  聡    

タイトルとURLをコピーしました