‘H28年度ビジネス実践’ カテゴリー

 11月24日(木)一年間の活動をまとめたビジネス実践報告会をポスターセッション形式で行いました。

 キッズビジネスタウン、エコロジカルビジネス、AKISHOPの惣菜班や菓子班、イベントなどは活動を始めた5月から10月のイベントまでを目的、活動内容、予算、反省などの項目ごとにポスターを作りました。

 このポスターをもとに各HR教室で15分間のポスターセッションをして次のようなことを話してくれました。

(AKISHOP)
 企業とタイアップして惣菜や菓子を作った班は、自分たちのアイディアをまとめる手法や持ち込んだ企画書に対してダメ出しをされたときの苦労をどのように乗り越えたのか。

6j aki1

(キッズビジネスタウン)
 初めて県立体育館で実施したキッズビジネスタウンは、イスや机の搬入からどこに何の店舗を出すかなどの会場設計に苦労したこと。就労体験をする小学生にわかりやすいように仕事の指導をする経験から学んだこと。

kids

(エコロジカルビジネス)
 あきた地球環境会議の講話や秋田市環境部の施設見学、イベントで配布するために雨の中ダリアを摘んだ経験、エコ箸作りに参加してくれた人たちの喜びの声など。

ivent eco

  来年度は10月21日(土)22日(日)に開催します。場所や詳細などはこれから話し合っていきます。

 11月5日(土)~6日(日)に石川県金沢市で開かれた第26回全国産業教育フェア石川大会に生徒実行委員会の2年生3名と、意見体験発表をする3年生2名が参加してきました。
 生徒実行委員会は、全県の専門高校から集められた生徒たちで来年度の秋田大会の視察を兼ねています。
 秋田大会に向け秋田の良さをアピールするために、なまはげをモチーフにした寸劇をしているのは2年生の曽我貴正君、安保夏海さん、鎌田麻琴さんです。
 実行委員長の安保夏海さんは、閉会式で次期開催県の代表として挨拶もしました。

namahage 意見体験発表で発表したのはエコロジカルビジネス班で活動している3年生の和賀毅君と佐藤慶吾君です。清掃ボランティアや環境の達人講座で学んだことをもとに、風力発電を使ったビジネスプラン作りから学んだことを発表しました。

taiken 専門高校の生徒たちが一堂に集まり、お互いの学習を披露して理解し合う機会に、これからの産業を支える若い力の勢いとたくましさを感じました。

 今年度は全国産業教育フェアのプレ大会ため、「ビジネス実践」の各種イベントを10月8日(土)と9日(日)に行いました。

 キッズビジネスタウンは、秋田県立体育館が会場です。秋田市内等の小学生2日間で約240名が参加し、就業経験と社会の仕組みを学びました。

 キッズビジネスタウン内の模擬会社は高校生が考え運営しています。そこに小学生が働きにきて仕事をし、働いて得た給料で買い物をします。

k_%e5%8f%97%e4%bb%98

宅配ブースにスタンバイして、お客さんに声をかけました。

hptimage

砂絵工房ではのりとカラーサンドで絵を描きました。

21hptimage

空港では、制服を着てアナウンスをしました。

k_%e3%81%9f%e3%81%93%ef%bc%91

  たこ焼き屋では、高校生から作り方を教わりました。

  ここでの楽しい経験を学びの土台にしていってほしいものです。

 AKISHOPとエコロジカルビジネスは、2日間秋田駅前のアゴラ広場、大屋根下、なかいち、市民市場の広い場所を使って行いました。土曜日は荒れた天候でしたが、用意した約6,000個の商品を売り切る大盛況となりました。

dsc_0011 dsc_0041

 

 

 

 

 

dsc_0100 dsc_0067

 

 

 

 

 

dsc03611 dsc_0021

 

 

 

 

 

img_9164 004

 

 

 

 

 

 なかいち広場では、キックゲームやフリースロー対決、竿灯の演技の披露など多彩な催しで会場を盛り上げました。

 いつもより3週間早いイベントでしたが、5月からそれぞれの班に分かれて活動し、仲間と意見を戦わせながら企画を作り、企業や商店の人たちに相談したりお世話になったりしながら商品を作ったり、イベントを行ったりという形になりました。

 高校生の考えが、商品開発やイベントという形で実現し、商業の学びの一端を表現することができました。多くの方々を巻き込みながらビジネス実践ができることに感謝と喜びを感じています。ご協力ありがとうございました。

今年度のAKISHOPは10月8日(土)・9日(日)に秋田市民市場、秋田駅西口大屋根下、アゴラ広場、エリアなかいちにぎわい広場の4会場で開催いたします。秋商生が開発したオリジナル商品の販売と生徒が企画したイベントを開催しますので、是非お越しください。よろしくお願いいたします。

h28%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%95%e8%a1%a8%ef%bc%88%e6%9c%80%e6%96%b0%ef%bc%89g

h28%e3%82%a2%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e8%a3%8f%ef%bc%88%e6%9c%80%e6%96%b0%ef%bc%89g

 

 

「平成28年度キッズビジネスタウン by AKISHO with 産業教育フェア」の求人票を公開します。

 現在申し込みいただいている方は、全員参加可能です。9月末日までに資料を送ります。
なお、まだ申込人数に余裕がありますので、当日受付も行っております。ぜひお越しください。

 当日お車でお越しの際は、秋田県庁駐車場をご利用ください。
秋田県民会館前から、8日(土)は9:00から15:00まで、9日(日)は10:00から15:00まで無料シャトルバスが20分間隔で運行されていますのでご利用ください。

 公共施設   飲 食 店  サービス業 小 売 店   製 造 業 
ハローワーク バ バヘラ ヘアメイク&ネイルサロン 車屋 アクセサリー工房
銀行 たこ焼き クリーンアップ コンビニ ハンコ工房
税務署 ドリンクショップ 空港 キッズデパート 砂絵工房
警察署
フレンチトースト 宅配 おもちゃ屋 木工工房
消防署 アイス屋 農産物販売 フラワーアレンジ  
病院  軽食屋 缶詰販売 テレビ局①  
  ポップコーン   テレビ局②  
   ドーナッツ屋   テレビ局③  

 平成28年度のキッズビジネスタウンは10月8日(土)・9日(日)開催です。
今年度は、全国産業教育フェア秋田大会のプレ大会となっております。
そのため、今年度・来年度は、「秋田県立体育館」を会場に、二日間開催いたします。
秋田商業だけでなく、他の専門高校の展示等もあります。
募集要項をご確認の上、お申し込みください。ご家族そろってのご来場をお待ちしております。

募集定員 300名(応募多数の場合は抽選となります)

参加料  500円(当日徴収します)

募集期間 9月14日(水)まで 応募方法『官製ハガキ』『FAX』『メール』の
     いずれかにて、ご応募ください。
     参加希望日・小学校名・学年・参加児童氏名(ふりがな)・性別
     郵便番号・自宅住所・保護者氏名・電話番号・PCメールアドレス
     (メールでの資料送付を希望される方のみ)を記入してご応募ください。
     (9月下旬頃までに郵送またはメールで資料を送付させていただく予定です。
     なお、応募多数の場合の抽選は、発送をもって当選とさせていただきます。)

応募先  秋田市立秋田商業高等学校  キッズビジネスタウン担当
      〒010-1603 秋田市新屋勝平台1-1
      TEL 018-823-4308 FAX 018-823-4310
      メール akisho-kids@akisho.ed.jp

H28_チラシ

4月28日(木)全校生徒を対象に、今年度の総学ガイダンスを行いました。

 今年のビジネス実践もAKISHOP、キッズビジネスタウン、エコロジカルビジネスの三本柱で行います。
今年は合い言葉を
 「Think globally, act locally」地球規模でモノを考え、地元で行動しよう!
としてみました。
 これは、昨年度からのねらいである  「主体的な考え、地域に貢献できる意欲と知識をもった生徒の育成」をより具体的にわかりやすくする ために考えたことです。

 今までの目標であった各個人の「社会人基礎力を身に付ける」はそのままですが、仲間とのつながり、小学校や企業とのつながり、自然とのつながりを強めながら新しく設定したねらいを達成していきたいものです。

説明の資料(PDF)04_ビジネス実践のねらい

21

 

 

 

 

イベントは、次の日程と場所です。

AKISHOPとエコロジカルビジネス
10月8日(土)・9日(日)メイン会場が仲小路商店街と市民市場

キッズビジネスタウン
10月8日(土)・9日(日)県立体育館(秋田県産業教育フェアと同時開催)

34