本校サッカー部が全国サッカー選手権大会に出場することを受け帝人ファーマ株式会社様よりサッカーボールを贈呈していただきました。本校は12月31日(月)に初戦三重県の四日市中央工高校と激突する。

 11月15日(木)に今年度のビジネス実践を締めくくる「最終報告会」を開催しました。各班が取り組んだ内容や活動をポスターにまとめるとともに、成果や課題等を各クラスで発表しました。
 成果としては「地元企業と協力して開発した商品が完売した」「集客を目指して行ったイベントが大盛況だった」「子ども達が楽しそうに仕事を体験していた」などが挙げられました。しかし反面、「会計処理の際に雑益や雑損が出てしまったため、販売当日のおつりを間違えた可能性がある」「企業と連携して活動する中で、スムーズな連絡調整ができなかった」などの課題が挙げられました。また、各班の発表を聞いた生徒達からは「一番苦労したことは何か」「企業と連携する上で注意しなければならないことは何か」など多くの質問が出され、とても有意義な報告会となりました。
 来年度は今年度の成果と課題を踏まえ、より良いビジネス実践になるよう課題を改善していきますので、引き続きご協力をお願いします。

 サッカー部が、第97回全国高校サッカー選手権県大会決勝で、明桜高校に勝利し4年連続44度目の優勝を飾ることができました。
 また、10月25日の準決勝、27日の決勝において、生徒・職員・関係者の競技場全体に響き渡る素晴らしい応援が、選手の背中を後押ししていたように感じています。
これもひとえに、皆様のご声援のたまものと深く感謝しております。
 現在部員は、12月30日に開幕する全国選手権大会(駒沢陸上競技場ほか)において、県勢14年ぶりの勝利を目指し日々頑張っておりますので、今後とも応援のほど宜しくお願いします。

準決勝
秋田商3(延長)2新屋

決勝
秋田商1―0明桜

 今年度の種苗交換会は「秋田から 広がる食農 つながる未来」のキャッチフレーズのもと、秋田市を会場として10月30日~11月5日まで行われました。
その期間中は様々なイベントが行われましたが、本校では11月3日・4日の2日間、エリアなかいちで開発した商品を販売しました。「秋商バナナボート(抹茶あずき)」や「AKI勝サンド」「高嶺のバラ」や「抹茶といちごのドーナツ」といった食品だけでなく、秋商タオルやクリアファイル、生徒が製作したエコたわしなども販売し、両日とも昼過ぎには商品が完売しました。多くのお客様にお買い上げいただくとともに、「バナナボートは抹茶とあずき、求肥のバランスがとても良い」「カツサンドはボリューム満点でお得」「高嶺のバラは見た目が綺麗で可愛い」などとお声がけいただき、生徒たちはとても喜んでいました。
 また、今月は16・17日にエリアなかいち、24日に男鹿市民文化会館で商品販売がありますので、引き続きよろしくお願いします。


いよいよ最終日。
宿舎を出発後奈良へ向かい、奈良公園を見学した後、空路で帰秋します。 もっと読む »

 本日は、ユニバーサルスタジオ・ジャパンをグループごとに回りま
した。

 

 本日は、班別自主研修でした。
各班とも、事前学習で計画を立てた場所を巡り、無事宿舎に到着しました。

 

 本日は、朝秋田を出発し、空路にて大阪入り。
バスで京都へ向かい、金閣寺、清水寺を見学した後、無事宿舎へ到着しました。